配偶者の不貞行為を立証するための証拠の収集

あなたの配偶者の不貞行為が疑われ、離婚、慰謝料を請求したいという時は、それを立証する証拠集めをしなくちゃいけません。

では、その後の協議、裁判をする上で、どんな証拠が有力なんでしょうか。

ここで言う不貞行為というのは、配偶者が相手方とある程度継続的な性的関係も持ったということで、それを立証する証拠を集めるんです。

少し労力の要る作業ですが、ポイントを抑えればそう難しいことじゃないんです。

では具体的に見ていきましょう。


まず、動画、画像ですね。

配偶者と相手方が、ラブホテルに入って行く所などは性的関係を示唆する証拠として有力ですよ。

ただし、継続性を示すためにも複数回の撮影が必要となります。

次に、音声です。

配偶者が、不貞行為を認めた会話の録音は強い証拠となります。

最後に文章です。

ラブホテルの領収書とか、クレジットの明細などです。

相手方との手紙、メールなどもそうですが、会う約束とかだけで性的関係を示す文を書くことは稀でしょう。

そういう意味では他の証拠の補完的なものになるかもしれません。


ここで例に挙げた証拠のいずれも、デジタル形式よりは、アナログ形式の方が証拠能力が高いということです。

デジタルカメラよりフィルムカメラ、ボイスレコーダーより、テープへの録音というように。

デジタル形式のものは改変が簡単にできちゃいますから。

また、録音したものは調停や裁判では再生されず、文章化する必要があります。

もちろん不倫は、みんなばれないようにするわけですから、配偶者も証拠を残さないようにするでしょう。

一人で困難の場合は、探偵などに協力をお願いすることも考えましょう。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans