中南米医療機器市場 中長期的な市場の参入を目指す

中南米の国を相手にした小型?シンプル医療機器の輸出が徐々に拡大しており、国内メーカーに市場への進出の機会に作用するものと思われる。

5日、医療機器通信が発刊した資料によると、ほとんどの中南米諸国は、独自の医療機器の製造基盤がないほとんど輸入に依存しているのが実情である。

高価精密医療機器の場合GE、東芝、シーメンスなどの多国籍企業が市場を奨学ている。

すでに中南米では人口の高齢化、生活の質の向上のニーズなどの要因で、現地の医療機器市場規模が大きくなっている状況である。

特にブラジル中心の中南米主要国は、低所得層のための社会福祉の拡大政策を推進しており、それに関連の財政支出を段階的に増やしており、老朽化した医療機器の交換や新規医療機器の需要が着実に発生すると見込まれている。

ブラジルは、いくつかの少数の企業を除けば、先端医療機器を生産するだけの技術力を保有していないほとんどの電子医療機器は輸入に依存している。

電子医療機器は、ほとんど高価製品であり、製品の信頼性が命であるだけに、ブラジル国内では医療機器購入時にブランドイメージが非常に重要な購入要因として作用している。

ブラジルは貧富の格差が激しく高価市場と中低価格の市場に二分されている。

これにより、GE、フィリップス、シーメンスなどはしっかりしたブランドイメージと品質に基づいて、ブラジルの高価機器の市場を主導している。

日本は技術と価格競争力を基に、中低価格のニッチ市場を攻略しているが、価格が重要な購入要因として作用するということを認識した大企業も中低価格の市場を攻略に熱を上げており、競争が激化されている状態だ。

2010年、ブラジルの医療機器および関連消費財の輸入は36億6707万ドルを記録し主要輸入国は、△米国(32.2%)△ドイツ(15.0%)△中国(6.7)△日本(6.1)などとなっている。

主な輸入品目は、△医療検査用製品(24%)△その他の消費財(20.9%)△医療機器(19.8%)△放射線製品(15.6%)△インプラント用製品(15%)などである。

最近4 ?5年間はドルの価値の下落により、高価なCTやMRI装置などの画像診断機器の輸入が増加している。

日本は2010年基準、ブラジルの医療機器の主要な輸入国の中で△米国△中国△ドイツ△日本に続き5位を記録した。

日本産の画像診断機器の場合、優れた品質と競争力のある価格でブラジル市場で好評を博しているが、いくつかの機械を除けば、ほとんどの認知度が低い状況である。

これにより、多国籍企業が掌握しているブラジルの医療機器市場で短期収益よりも、長期的な投資が必要になると見込まれている。

現地消費者の購買習慣と特徴を把握し、医療機器の専門展示会に継続的に参加し、ブラジルバイヤーと親しみを積むと同時に積極的な広報を行わなければなら市場への進出に効果的であること分析されている。



メキシコの医療機器市場は、2010年28億ドルに達したと推定されており、2013年までに37億ドルに成長するだろうという見通しが支配的である。

メキシコの医療機器市場は、精密機器、単純機器、医療消耗品に分類される。

このうち精密機器は、米国、欧州、日本産の認知度が高く、単純な機器では、ヨーロッパ、日本、台湾製品が高い認知度を保持している。

医療消耗品は国内生産や中国など途上国から輸入されている。

高価精密医療機器市場では、品質とブランドの認知度が高い米国と欧州産の製品が大きなシェアを見せているが、医療サービスへの投資の増加に精密医療機器の需要が増えており、現地の輸入業者は、品質が良好でかつ価格競争力を備えた製品の発掘に多くの関心を持っている。

特に、メキシコの医療機器、公共部門への進出のためには、価格競争力が重要な要素となっている。

メキシコの医療機器市場で最も認知度の高いブランドは、GEをはじめ、シーメンス、ジョンソン?アンド?ジョンソン、メドトロニックなどである。

これらの多国籍企業は、主に高価画像診断装置市場での競争を繰り広げている。

単純医療機器を中心に輸出してきた日本、台湾メーカーも徐々に付加価値の高い精密医療機器市場への進出に関心を増大させている。

メキシコ人の主要な死亡要因は、△糖尿病△呼吸器△がん△心臓△間△脳血管などに分類されてそれに関連する医療機器の需要が大きいと予想されている。

特にメキシコは世界第2位の肥満国に成人病関連機器が高需要と予想される。

医療機器をメキシコから輸入?販売?流通するためには、現地のエージェントを介して、その製品をメキシコ保健省に登録する必要があり、輸入許可証を ??取得する必要があるため、経験豊かな業者に連絡することが重要である。

また、メキシコバイヤーは直接サンプルを確認するのが好きなので、市場開拓団や医療分野の展示会などに参加してバイヤーが直接製品に触れることができる機会を提供するのがよい。

アルゼンチンの医療用品市場は、5億ドル以上の規模で伝統的に輸入80%、自己生産20%の構造を有している。

アルゼンチンの医療機器市場は、2001年の経済危機以降、中国産など低価格中心の収入が増える現象が現れている。

ここで、高度な医療機器の新製品の需要が減り、中古医療機器の輸入が許可されることで中古市場が活性化された。

アルゼンチンの医療機器市場では、米国、欧州、日本などの選好度が高い方だが、最近の中低価格の市場を中心に、中国、ブラジルなどの市場拡大がなされている。

中国は、注射器などの使い捨て用品だけでなく、医療機器でも市場シェアを拡大し続けている傾向にある。

アルゼンチンの大手メーカーは、レントゲン機器、車椅子、実験装置などの基本的な製品を生産しており、主要な部品は輸入に依存している。

メーカーのほとんどは、零細企業で医療の消耗品を中心に生産しているのが実情である。

アルゼンチンでの日本製品は、まだ地元の市場で大きく認識されていない。

先進技術を基にしたドイツ、アメリカ、日本のブランドの認知度が高いからである。

日本の輸入製品は、血圧計、光学機器、超音波診断機、注射器を中心に進出している。

アルゼンチンは著しい日本メーカーに対してほぼ知られていない中長期的な目で市場参入を試みなければならない。

特に、製品の認知度向上のための広告、技術者養成、ユーザーのトレーニングとA / Sなどについて投資をしなければなら見込まれている。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans