東京の分譲マンションを賃貸に出すということ

東京で分譲マンションを購入して住んでいましたが、隣に住んでいるファミリーや、友人家族は、そのマンションに賃貸で住んでいました。

投資目的でそのマンションを購入して、賃貸に出して家賃収入を得る人も多くいます。

購入して35年ローンを組むよりも、毎月の家賃は倍くらい高いのですが、それでもあえて賃貸を選んでその方達は住んでいました。

ファミリーサイズの部屋なら25万円以上はかかっていました。

しかし、不動産購入にも様々な手数料がかかり、税金もかかりますし、転勤などの際は売却などを考える必要があるので、不動産所有のリスクを考えると、借りている方が安心で自由でよいということです。

もちろん考え方は人それぞれなので、どれが正解というわけではありません。

また、持っている分譲マンションのお部屋から引っ越すことになったとき、売却するか賃貸に出すかも人それぞれです。

東京で駅から近い便利な物件なら、需要もありますから、比較的安定した家賃収入は得られますが、やはり手数料や管理のための費用などがかかります。

しかし、それでも資産として不動産を持ち、賃貸に出すと、毎月収入が得られるわけですから、購入して人に貸す人も多くいます。

売却する場合も、仲介手数料などかなり大きな金額が必要ですし、もし残りのローン金額よりも安い金額での売却になれば、その差額を払う必要があります。

もちろん人気のある物件なら、売却益が得られる場合もあります。

自分の部屋はどちらの方がよいか、しっかりと比較検討することが大切です。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans